光フォトフェイシャル

メディカ再生光フォト美顔

10年後も愛される素肌のためのプレミアムスキンケア

Nature&Medicaの光フォトフェイシャル「メディカ再生光フォト美顔」は、お客様に生まれたての素肌美と安全をお贈りいたします。

メディカ再生光フォト美顔は傷んだお肌を化粧品で隠すのではなく、お客様が本来持つ美しい素肌、お肌の健康を取り戻すことを目的としております。

このようなお悩みを持つお客様へ

このようなお悩みを持つお客様へ

素肌美への第一歩はお肌の構造を知り、どこをどのようにケアすれば良いかを知ることです。
素肌美は表面だけをケアしていれば手に入るのではなく、皮膚の一番下に存在する真皮層にまで必要なケアを施すことで手に入ります。
お肌の一番表の「表皮」は角質細胞から成り立ち、この細胞が細かければ細かいほどお肌は美しく見えます。
表皮の下にある「真皮」の主成分は、アミノ酸などの保湿成分である天然保湿因子とコラーゲンやエラスチンの細胞間脂質で、ここに水分が保たれていることで、お肌はみずみずしくふっくらとした生まれたての赤ちゃんのようなお肌へと導かれます。
お肌は約28日周期のターンオーバー(新陳代謝)を繰り返して生まれ変わり続けています。
そのターンオーバーがスムーズに働くようにサポートして、角質細胞のコンディションを整えることで美しい素肌を育むことができます。
そのためには「天然保湿因子」と「細胞間脂質」が正常に機能して、水分を斉一、確実に細胞内に保持することが大切です。

素肌美を阻害する要因

「天然保湿因子」、「細胞間脂質」、「皮脂膜葉」は素肌の美しさを守る3つの要素です。
しかし、この3つの要素はさまざまな原因により失われます。
その結果、角質層の水分不足、バリア機能の能力低下、新陳代謝(ターンオーバー)の乱れを引き起こして、シミやくすみ、シワやたるみなどの肌老化や肌トラブルの原因となります。

素肌美の断面

素肌美の断面

メディカ再生光フォト美顔

メディカ再生光フォト美顔

年齢を重ねるとお肌の真皮層のコラーゲンは減り、お肌の弾力、モチモチ感も失われてたるみやシワとなります。
メディカ再生光フォト美顔とは、RFパルスと呼ばれる特殊な熱と光をメラニンの黒い色素に反応させて分解、排出することにより美白を促進し、シミやソバカスなどの肌トラブルを改善する最先端の光フォトスキンケアです。

また、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促進、増生させるためシワや毛穴の開きも改善され、キメとハリ、弾力のある白い素肌へと導きます。
アンチエイジング効果としてみずみずしいお肌を取り戻して若々しいお肌へと導き、肌老化防止効果として毎日のお化粧や紫外線で痛んだお肌のトラブルを改善します。
当サロンのメディカ再生光フォト美顔はお肌へのダメージが少なく、施術後に洗顔、メイクをすることができます。

メディカ再生光フォト美顔

メディカ再生光フォト美顔のメカニズム

医療機関で処置される「フォトRF」やクリニックで施術される「フォトフェイシャル」、「光フェイシャル」は、治療やスキンケアとして用いられている医療技術です。
当サロンのメディカ再生光フォト美顔は、フォトフェイシャルのメカニズムを応用することにより、美顔のスキンケアを可能にした施術となります。
メディカ再生光フォト美顔の光は、肌トラブルの原因となるメラニンや毛細血管などのターゲット部分にのみ直接反応してダメージを与えます。
そのため、ターゲット以外の正常な素肌へのダメージを最小限に抑えることが可能な光治療です。
メディカ再生光フォト美顔の光がターゲットに当たると光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットに熱作用を与えます。
ダメージを与えられた箇所は数日で黒く浮き上がり、お肌のターンオーバー(皮膚の代謝)によって自然に剥がれ落ちます。
この結果、コラーゲンなどを作り出す繊維芽細胞の働きが活性化され、ハリと艶のあるキメ細やかな美しい素肌に導きます。

メディカ再生光フォト美顔

通常のフェイシャルでは実現しない、そして、
どんな化粧品でも適わないメディカ再生光フォト美顔

IPL光の照射と同時にRFパルスの光と熱を照射することにより、メラニンや毛細血管などの肌トラブルの原因に直接ダメージを与えて肌トラブルの緩和、改善を促進します。

また、お肌の内部からメラニンの生成を抑えると共にコラーゲンなどの細胞を生成する繊維芽細胞の働きを活性化させるため、お肌の内側から輝く美しい素肌へと導きます。

Nature&Medicaのメディカ再生光フォト美顔は色素沈着の心配もなく、ダメージやトラブルからお肌を守りながら、脱毛と同時にシミ、シワの改善、メラニンの撃退、色素沈着の緩和、コラーゲンの増加、肌質の改善、毛細血管拡張効果、毛穴の開き改善、凹凸の緩和を促進します。

メディカ再生光フォト美顔の効果

光フォトフェイシャル

光フォトフェイシャル

スキンケアトリートメント

スキンケアトリートメント

美肌再生

美肌再生

メディカ再生光フォト美顔

メディカ再生光フォト美顔
メディカ再生光フォト美顔

メディカ再生光フォト美顔+美肌再生

メディカ再生光フォト美顔+美肌再生
メディカ再生光フォト美顔+美肌再生

メディカ再生光フォト美顔の効果

シミ・色素沈着
シミの原因であるメラニンに直接ダメージを与えて色素を浮き上がらせ、皮膚の代謝によりシミや色素沈着を徐々に改善します。
くすみ
お顔全体にRFパルスの光を与えることにより、細胞の働きを活性化します。
くすみを改善することにより透明感のある若々しいお肌へと導きます。
ハリ・弾力
コラーゲンのもとである繊維芽細胞を刺激して、細胞の働きを活性化します。
コラーゲンが生成されることで皮膚の保水力が高まり、ハリが蘇り、シワを改善します。
赤み
お肌の表面に見える毛細血管を縮小させ、毛細血管拡張によるお肌の赤みを改善します。
お肌の余分な血管内のヘモグロビンにダメージを与えるため、赤ら顔にも効果的です。
ニキビ
コラーゲンの再生を活性化されることで、ニキビ跡の凹凸を改善します。
ニキビの原因となるアクネ菌を死滅させ、毛穴の開きを改善して汚れの溜まりにくいお肌に導きます。
リフトアップ
肌コラーゲンの生成促進によるハリがリフトアップに導きます。
透明感・美白
くすみの原因である黒いメラニン色素を徐々に改善すると同時に、肌細胞を活性化させて新陳代謝の改善、コラーゲンの生成促進によるハリやツヤのあるお肌に導きます。
肌質・化粧のり
滑らかさを伴ったお肌の調子のよさ、お化粧のノリのよさを感じることもございます。

メディカ再生光フォト美顔に必要な回数と期間

お肌全体に変化をもたらすためには、お肌のサイクルを考えて3週間~1ヶ月おきに5回以上の施術が理想的で、効果を実感していただくためには7回以上の施術が理想的です。
レーザー治療に比べて低刺激な治療となりますので、回数を重ねていただくことでより良い効果が得られます。
また、定期的、継続的な施術を行うことで、お肌の美しさ、アンチエイジングを保つことになります。
アメリカメリーランド州医科大学皮膚科の研究により、光フォトフェイシャルを定期的に12回以上受けた人の約83%が4年後もその効果を実感しているという論文が発表され、光フォトフェイシャルによる治療の効果の持続性が証明されました。
しかし、通常のエイジング(老化)は起こりますので、紫外線対策や保湿など日々のスキンケアが大切になります。